新たにwebサイトを立ち上げるなら、新規にドメインを取得するより中古ドメインを購入したほうが検索結果の上位表示への近道になり得ます。中古ドメインの購入の流れ、使用における新規ドメインとの違いとは何でしょうか?

中古ドメインを購入する女性
中古ドメインと新規ドメインの違いについて考える男性

中古ドメインのクオリティチェックとテンプレート対応

中古ドメインを扱うサービスが増えていますが、価格が高いから使えるドメインかといえば必ずしもそうではありません。アルファベット綴が単によいだけでドメインの価値がない場合もありますし、ブラックリストに載っているドメインを高値で販売している業者も残念ながらあります。中古ドメインはあくまでも選ぶ側の調査能力が重要となります。中古ドメインの利用方法としては新規サイトでの利用がもっとも多く、PVを稼いだり、バックリンクを得るために購入する場合が多いです。中古ドメインはさまざまな用途で買われていきますが、クオリティは購入する側次第ともいえます。ドメインのクオリティは主に検索サイトでの評価とバックリンクの質で決まります。検索サイトで多数の記事がインデックス化され、検索表示が上位であり、バックリンクが多数あり、さらにリツイートやいいねされている記事でのリンクなら最高のクオリティといえます。そのようなドメインは高値が付きやすいですが、多数のドメインが日々廃止されていますので調査しきれないドメインも多数あり、価格が安いのにクオリティが高いものも多数あります。そのようなドメインを探すにはコツがいりますが、テンプレート化されていないので地道に調査することになります。一部のツールではクオリティちぇっくもしてくれるものもありますがなかなかうまくいかないケースのほうが多いようです。また、評価が高く、バックリンクが多い場合でも新規サイトとのカテゴリが合わなければ引き継げません。カテゴリが違うと各検索サイトで評価が再検討されることになりやすく、検索順位が下がることも多いです。また、バックリンクは活かせますが、カテゴリが違えばみたいコンテンツでない場合も多く、PVは増えるが滞在時間は増えない結果となりやすく、サイトの評価としては上がらない結果となります。新規サイトを立ち上げる場合は作られるコンテンツを最大限活かしながら旧サイトの検索サイトでの評価を引き継がなくては意味がないのです。そのため、販売業者側としてもテンプレート化したチェックはしますが、最終的な価格はアルファベット綴などで決めている場合が多いので価格が高いから使えるとは限りません。また、メールアドレスのブラックリストに入っているドメインを販売するケースもあります。このようなドメインはフィルタリング対象となることが多く、検索サイトで表示順位が高くてもファイアウォールを突破できなかったり、セキュリティソフトで警告が出るケースが多く、結果としてサイトの価値を下げてしまう場合もあるので注意しておきたいです。

関連記事

記事一覧へ

  • 2017/05/12

    中古ドメインで移管が防止されてい...

    中古ドメインを買う場合に注意したいポイントがいくつかあります。1つめは移管についてです。ドメインは所有権があれば自由にサービス会社を移転できるのですが、一部のドメインは利用料未納などがある場合も含めて移管できない...

  • 2017/04/10

    中古ドメインの注意点は更新料と別...

    中古ドメインは再販業者が増えたこともあって手軽に買えるものとなりました。特に.comやjpについては人気が高くなってきており注目を集めています。しかし、ただ単に中古ドメインならなんでもいいということではないので購...

  • 2017/02/24

    中古ドメインのクオリティチェック...

    中古ドメインを扱うサービスが増えていますが、価格が高いから使えるドメインかといえば必ずしもそうではありません。アルファベット綴が単によいだけでドメインの価値がない場合もありますし、ブラックリストに載っているドメイ...